TAKESHI MOROOKA 諸岡 孟 ビジネスデザインディレクター

1983年生まれ。東大計数工学科・大学院にて機械学習やXR、IoT、音声画像解析などを中心に数理・物理・情報工学を専攻し、ITエンジニアを経て博報堂入社。データ分析やシステム開発、事業開発の経験を積み、2019年「ミライの事業室」発足時より現職。技術・ビジネス双方の知見を活かした橋渡し役として、アカデミアやディープテック系スタートアップとの協業を通じた新規事業アセットの獲得に取り組む。東京大学大学院修士課程修了(情報理工学)。

執筆した記事一覧

【東京大学と考える新規事業】第4弾:東大・篠田研究室

ハプティクス(触覚技術)の研究をウェルビーイング事業につなげていく道筋とは ~東大・篠田教授×ミライの事業室 博報堂ミライの事業室のメンバー...

【東京大学と考える新規事業】第2弾:東大・島田研究室

自然生態系の原理はファンビジネスに応用できるか ~東大・島田研究室×ミライの事業室 博報堂「ミライの事業室」のアカデミア連携の取り組みを紹介...

【東京大学と考える新規事業】第1弾:東大IPC

博報堂が東京大学の100%子会社である東京大学協創プラットフォーム開発(東大IPC)のファンドへの出資を決定したのは、2021年4月でした。...

その他のMember